秋田県横手市のクリニック「高橋耳鼻咽喉科眼科クリニック」です
お問い合わせ
トップページ プロフィール 当院の診療の特徴 難聴の遺伝相談 涙目の治療 耳鼻治療 いびきと睡眠時無呼吸 アクセス・地図

トップページ いびきと睡眠時無呼吸

当院の診療の特徴

当院の短期入院手術

アレルギー性鼻炎の治療

難聴の遺伝相談

流涙の治療

耳鳴の治療

いびきと睡眠時無呼吸

当院の慢性中耳炎の治療

小さなお子さんの急性中耳炎について

当院を受診される方へ

インターネット予約について

医師の紹介

スタッフ紹介

施設案内

リンク


いびきは、狭いのど(上気道)を空気が通るときに粘膜が"ぶるぶる"と振動して音が鳴るものです。吸い込まれた空気が通過する際には、のどの粘膜は中心部に吸い寄せられるため、ついには空気の通り道が完全に閉じてしまいます。これが睡眠時無呼吸の状態です。無呼吸が一晩中続くと眠りは浅くなり、熟睡感がなく、日中の眠気が強く集中力が低下します。さらに、無呼吸による低酸素状態が続けば、心臓、脳血管に負荷がかかり、高血圧、心筋梗塞、脳卒中などを引きおこす危険性が高くなります。

治療に先立って、いくつかの検査があります。
SpO2モニター:自宅で行うスクリーニング検査です。睡眠中の血液中酸素濃度を測定して、無呼吸の有無を確認します。

終夜睡眠ポリグラフ検査:夜間睡眠中の呼吸状態、いびきの状態、血中酸素濃度、脳波を検査記録するものです。検査ではいくつかのセンサーを手や顔に装着する必要がありますが、一晩入院して検査を受けるだけで睡眠時無呼吸症の有無・程度を診断できます。

内視鏡検査:いびきの発生部位や無呼吸の原因部位を確認するために睡眠中または仰臥位で内視鏡検査を行います。鼻、軟口蓋(なんこうがい)、扁桃腺、舌根(したのつけね)の狭い部分といびきの際の動きを確認します。

X線検査:セファロメトリーという顔面のX線写真で、下顎骨の大きさと、舌骨と頸椎などを指標にした気道の広さを計測します。

いびき・無呼吸の治療では、こうした検査の結果から重症度と原因部位を判断し、患者さんおひとりおひとりに合った適切な治療方法を選択します。

コブレーション粘膜蒸散治療:いびきの発生部位が軟口蓋〜口蓋垂の場合で、無呼吸のない、いびき軽症〜中等症例に行う治療です。軟口蓋の粘膜をコブレーション法により蒸散減量させます。手術は局所麻酔・20分・1泊入院で行っています。
咽頭形成(いんとうけいせい)手術:口蓋垂(のどちんこ)および扁桃腺が大きく、中等症〜重症例に行う手術です。全身麻酔・1時間・6泊7日の入院が必要です。この他、鼻内に閉塞部位がある場合は、鼻内手術(下甲介切除術や鼻中隔矯正手術)を行います。
CPAP(シーパップ)療法:毎日、寝るときに鼻にマスクを装着してこれから上気道内に持続的に空気を送りこむ治療方法です。中等度〜重症の無呼吸症に適応があり、閉塞部位にかかわらず治療効果はほぼ100%で非常に有効です。

歯科装具療法:シリコン製の歯型を寝るときに装着して、下顎をわずかに前方に突出させて舌の付け根の閉塞を軽減させます。
上記の治療と組み合わせて
減量は必要です。適度な摂取カロリー制限と中等度の運動(毎日30分以上のウォーキングなど)を続けましょう。


当院では、上記の検査と治療を行っています。いびきや日中の眠気などでお悩みの方、一度、医師にご相談ください。

(c)Takahashi ENT & Eye Clinic All right reserved.

〒013-0037秋田県横手市前郷二番町4−25
電話:0182-32-2275
月曜〜金曜 午前8時30分〜午後5時30分
土 曜   午前8時30分〜午後4時


プロフィール
医師の紹介
スタッフ紹介
当院の診療の特徴
短期入院手術
アレルギー性鼻炎
流涙の治療
難聴の遺伝相談
耳鳴の治療
いびきと睡眠時無呼吸
当院の慢性中耳炎の治療
小さなお子さんの急性中耳炎について
コンタクトレンズを希望の方に
当院を受診される方へ
インターネット予約について

休診日のお知らせ
アクセス・地図
お問い合わせ
リンク

プライバシー・ポリシー
免責事項